家でも簡単にできる!肺活量を鍛える方法

【スポンサーリンク】

呼吸というのは人間が活動をするなかで

かなり大事な要素です。

 

肺活量が少ないということは

かなり質の低い人生を歩んでいる可能性が高いです。

 

そこで今回は家でも簡単にできる肺活量の鍛え方について

お話していこうと思います。

 

 

肺活量を増やすことのメリット

歌を歌いやすくなる

まず、1つ目は歌を歌いやすくなるということです。

 

肺活量を増やすことにより

一回の息継ぎで吸い込める空気の量が多くなるので

 

息継ぎの回数を少なくしても

楽に歌うことが出来るようになります。

 

また、吐き出す空気の量も大きくなるので

声量も大きくなり、迫力のある声を出すことができるようになります。

 

体力がつく

2つ目は体力がつくということです。

 

スポーツなどをして体を動かすと

すぐに息切れをしてしまうことはありませんか?

 

それは、体を動かしたことにより

より多くの酸素を体が必要になるため

たくさん呼吸をする必要があるためです。

 

肺活量を増やすことにより

摂取できる酸素の量が多くなるため

息切れせずにたくさんの運動をすることができるようになります。

 

話し声が通りやすくなる

3つ目は話し声が通りやすくなるということです。

 

歌と同様に話しているときも

空気を吐き出すことによって声を出しています。

 

肺活量が増えれば

それだけ、はっきりと発音することができるようになり

大勢の前でスピーチをするときなどでも

迫力のあるトークを繰り広げることができます。

 

 

家でも簡単にできる肺活量のトレーニング方法

息を止める

1つ目は息を止めるという方法です。

 

これは1番簡単な方法です。

 

息を吐き切った時と

息を吸い切った時に

数十秒間限界が来るまで息を止めてください。

 

たったこれだけです。

これだけで肺活量を鍛える効果があります。

 

 

ロングブレス

2つ目はロングブレスという方法です。

 

まず、息を思いっきり吸い込んで数秒息を止めます。

【スポンサーリンク】

その後、できるだけゆっくり時間をかけて息を吐いてください。

 

これは肺活量を鍛えるのと同時に

息を吐く量の調整の練習にもなるので

大変効率がいいです。

 

 

ペットボトルをへこませる

3つ目にペットボトルをへこませるという方法です。

 

今度は最初に息を吐ききってください。

そして、ペットボトルに口をつけて

中の空気を思いっきり吸い込んでください。

 

ペットボトルが十分にへこんだら

やめてください。

 

この練習方法は息を吸う力にフォーカスした方法です。

 

ペットボトルにも色々と硬さがあるので

最初は柔らかいものからチャレンジしていくようにしてください。

 

風船を膨らませる

4つ目の方法は風船を膨らませるという方法です。

今度は息を吐くことにフォーカスしたトレーニングです。

 

まず、息を思いっきり吸ってください。

その後、風船に息を吹き込んで膨らませてください。

 

これを風船が割れる寸前まで膨らむまで繰り返します。

出来るだけ少ない回数で膨らませられるようにすることがポイントです。

 

目アスとしては男性は4回女性は6回です。

 

コツはおなか周りの筋肉を使うことです。

これを意識すれば上手く効果が表れると思います。

 

有酸素運動

最後は有酸素運動をするという方法です。

 

有酸素運動とは水泳、ランニングなどの

酸素を多く消費する運動のことです。

 

 

全身を使って運動をするため

肺活量を鍛えるだけでなく体全体を鍛える効果もあります。

 

 

まとめ

今回は家でも簡単にできる肺活量を鍛える方法についてお話していきました。

 

肺活量を鍛えるということは

呼吸の質が上がるということです。

 

人は1日に2万回呼吸をしているといわれています。

 

 

深く素早い呼吸を繰り返していると

人生の質というものは本当に大きく変わります。

 

大袈裟ではありません。

 

誰でも簡単にできるトレーニングですので

これを読んだあなたもぜひ試してみてください

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です