体の冷えをなくすためにできること【冷えは万病の元!】

【スポンサーリンク】

夏が終わって秋に入りました。気温がだんだん下がってくると、夏の時点では気にならなかった体の冷えを感じやすくなる人もいるかもしれませんね。

冷え症は体の表面つまり皮膚の温度が下がることだけでなく、体の内部が冷えて内臓の温度が低くなることも含まれます。主に内臓が冷え、内蔵温度が下がっている状態もありますし、手や足の先など、末端の温度が下がっている冷え症もあります。

この記事では冷え症が体にどのような悪影響を与えるのかということと、冷え性対策のためにできることについて説明します。

・冷え症の悪影響

1.睡眠の質が低下する

人は寝る前と寝付いた後で体温が変化しています。寝る前よりも寝付いた後の方が体温が低くなっており、その温度差が睡眠の質を決めています。そのため、冷え症でもともと体温が低いと睡眠中に体の温度が下がったとしても十分な温度差が得られず睡眠の質が低下することになってしまいます。

2.代謝が悪くなる

人には人の中の細胞がうまく機能する最適な温度があります。それが36.5度なので、35度台の人など、低体温の人は細胞の働きが低下し、体の代謝が悪くなります。体の代謝が悪くなると体脂肪が溜まりやすくなります。

3.病気にかかりやすくなる

体温が下がると免疫力が低下します。そのためアレルギー反応も起こりやすくなります。

4.疲れやすくなる

体が冷えると疲れやすさを感じやすくなります。また疲労回復度も低下するので生活の質が下がります。毎日を心地よく、充実したものにするためにも疲れにくい体を作る事は大事です。

5.血行が悪くなる

血行不良は内臓機能を低下させます。胃や肝臓、膵臓、腎臓などというように、人の体には様々な内臓があり、その全てが血行不良の影響を受けます。また血行不良は便秘の原因にもなり、体脂肪が溜まりやすい体質とになってしまいます。

・冷え症対策のためにできること

1.運動

体を動かすと筋肉を使い、熱が出るので体が温まります。また冷え症の原因には筋肉不足であることもありますので、運動することで筋肉不足を補えると言うメリットもあります。

運動にはウォーキングがお勧めです。運動はそれほど激しいものでなくてもいいので軽い運動を長く続けられるといいと思います。自分にとって習慣化しやすい運動を行うと良いでしょう。

ストレッチやヨガもお勧めです。これらはあまり大きな動きはありませんが、筋肉を伸ばしたり、緊張させたりすることで、体ポカポカと温まってくるような感じが得られます。

ラジオ体操のような動的なストレッチも体を温めるのにオススメです。

【スポンサーリンク】

2.食事

食事では体を温めるものを積極的に取ることと、体を冷やすものを極力取らないことが大事です。

温める食材には生姜ニンニクがあります。おろし生姜チューブやおろしにんにくチューブが売ってますので、それらを業務スーパーなど、大容量のものを購入すると良いでしょう。

例えば、豆腐を食べる時など、生姜を使えるときにはたくさんかけて、積極的に摂るようにすると効果的です。ニンニクは臭いの元にもなるので生活に支障のない範囲で摂取するのがオススメです

にんじんやりんご、ネギや唐辛子も体は温める食材なので積極的に取れると良いと思います。

温かい紅茶やハーブティーもお勧めです。

体を冷やしてしまう食べ物で特に注意したいのは清涼飲料水です。砂糖がたくさん入っている冷たいものはかなり体を冷やすのであまり飲まない方が良いです。自販機を見かけでも甘くて冷たいものは極力とらずお茶や水、紅茶を選びたいですね。

南方産の地方の喰べ物は体を冷やします。バナナやパイナップル、みかん、レモン、トマトきゅうり、スイカ、カレー、コーヒーなどの食べ物は体を冷やします。

もしそういった南方産の食べ物を食べる場合には生では食べずに温めて調理するとか、塩をかけたりして体を冷やす悪影響をなるべく減らすような工夫をします。

抗生物質などの化学薬品を服用しすぎるのも体を冷やす原因になります。また、抗生物質は腸内の細菌を殺す働きもあるのでなるべく減らしたいところです。ただ、病気でお医者さんから処方された薬のように、服用が必要な場合にはちゃんと服用しましょう。

3.入浴

お風呂は41度程度の温度がオススメです。お風呂の中に重炭酸ホットホットタブというものを入れると冷え症に効果的です。重炭酸ホットタブは体内に炭酸を取り込んで体を温める働きがあります入浴中も体は温まりますし、入浴後でお風呂から上がった後もその他が長時間持続するので冷え症対策にものすごく効果的です。

温泉やスーパー銭湯に行った時にも「重炭酸の湯」のような名前のものを見かけたら入浴するとGoodです!

4.ストレスをためない

ストレスをためると体が緊張し血流が悪くなります。そのため体を冷やす原因になるのでなるべくストレスを溜め溜めずに発散するなどして工夫しましょう。

5.体の冷えを感じたら厚着をする

職場やスーパーなど、冷房が効いているところでは体が直接冷えてしまいます。重ね着をして体の中の熱を逃がさないようにすると体の冷えを和らげることができます。

重ね着をすれば服と服の間に空気の層ができるので体の体温が外に逃げるのを防げますし外から体が冷やされることも少なくなります。そうすることで体の温度を高い状態に保てるので冷え症の体質改善につながります。

・まとめ

冷え症は様々な体調不良の原因になる

運動をすると体温が上がり、筋肉もつくので冷え症対策になる

体を温める食べ物を積極的にとり、体を冷やす食べ物は極力控える

厚着など、服装を工夫して体温調節する

運動の習慣や食べ物の種類を見直して、体を冷やさないようにしましょう!

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です