え!つまむだけで皮膚が綺麗に?若台の若返り健康法について

【スポンサーリンク】

なかなか健康法が続かない、楽なものはないのかしら?

楽な健康法なんてない!頑張れ!

大抵の人はこう言いますが、そんなことはありません。

いくらでも楽に健康になる方法はあるのです。

ただ、ガチな健康法よりかは劣ります。

しかし、健康法で一番重要なのは継続すること。

自分が継続できない効率の良いものを実践しても、継続しなければ意味がない。

そこで今回この記事では、誰でも簡単に継続することができる「皮膚をつまむだけの健康法」をお伝えします。

健康法の入門編として、是非とも最初にチャレンジしてみてください。

え!つまむだけで皮膚が綺麗に?若台の若返り健康法について

先ほども話した通り、皮膚をつまむだけで肌が若返ったりするんです。

今回は皮膚の若返りについて話をしますすが、他の副次効果としては

  • 頭痛
  • 画面の見過ぎによる目の疲れ
  • 体のコリ

こんなことにも効果があるようです。

肌をつまむだけでこんなにも効果があるんですね。

これだけ聞くと、ずっと肌をつまんでいないといけないのでは?

こう思われる方もいると思いますが、そんなことは一切ありません。

1日数分でも効果が出るんです。

これなら、面倒臭がりな人でも継続して、つまむ健康法を実践するととができますね。

そこで次の項目では、具体的な皮膚をつまむ健康法について解説をします。

皮膚をつまむ健康法って具体的にどんなことをするの?

具体的な方法といっても、体の気になる部分の皮膚をつまむだけで良いので、特別なことは何もしません。

これなら時間が無い人でも、隙をみて継続することができますね。

これと似た効果で、指圧マッサージなんかもありますが、あれは指でつぼ等を押すのでちょっと意味合いが違います。

ただ、皮膚を「押す」か「つまむ」かの違いなので、効果がありそうではありませんか?

指圧マッサージだと押されることにより、痛気持ち良さがあるのは経験者ならわかるはず。

【スポンサーリンク】

今回紹介するつまむ健康法は、痛気持ちいではなく「気持ちい」だけなので指圧の痛みが苦手な人でも気軽にトライが可能です。

健康法で一番大事なのは「効率」ではなく「継続」です。

どんなに効率的な方法でも、それが継続できなければ全く意味がない。

そういった点では、今まで健康法が継続できなかった人でも、無理なく継続することができるメリットがありますね。

次の項目では、実際の例を交えながらつまむ健康法を紹介します。

皮膚をつまむ健康法の実例2点

さて、それでは実際に皮膚をつまむ健康法のやり方を解説しますが、基本的にやり方はどれも同じです。

まず最初に、スタンダードなやり方をお伝えします。

  1. 用意するのは指2本(親指と人差し指)
  2. 指の腹で気になる皮膚をひっぱる
  3. ひっぱるのに数秒、それを戻すのにも数秒

基本的にはこんな方法で大丈夫です。

体の部位によっては、2本では足りない場合複数の指でやってみるのもアリですね。

その時のポイントは、「痛み」がない程度につまむが重要なので、力加減には気をつけてください。

このことを意識して、実際に体の部位に対して行ってみましょう!

お腹周りのつまむ健康法で腸内環境を整える

女性の方には便秘等に悩まされる人がおりますよね。

それに対する解決策は色々とありますが、お腹周りを指でつまむだけでも腸内環境を刺激して良くする事もできます。

お腹周りの皮膚は多いので、指二本で大変な場合は複数本で行ってみましょう。

お腹周りを全体的につまむ事で、

顔まわりのたるみを防ぐ

顔にお肉ができてしまうと、見た目が一気に変わってしまいますよね。

本来であれば、顔面の筋トレ等をして痩せる必要があるがなかなか続かない。

そんな時は、顔の肉をつまむ事でたるみを無くすことが可能性があります。

大前提として、顔面の体操等の方が効果はありますが、どうしても続かない場合は指でお肉をつまむだけでも効果はあります。

先ほども話した通り、健康法で一番だ意地なのは継続力。

自分が継続しやすい方法で続けるのが一番なのです。

まとめ

健康への近道は継続です。

今回紹介した健康法の皮膚をつかむことは簡単ではありますが、継続しなければ意味がありません。

この記事をご覧になっている皆さんには、継続することを覚えていただきたいがために、簡単にできる健康法を紹介したのです。

慣れて来たら、他の健康法にも是非チャレンジをしてみてください。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です