ランニングより効果絶大なウォーキング健康法

【スポンサーリンク】

健康法の代表格として紹介されるのはウォーキング。

ジョギングでは疲れる、でもウォーキングなら大丈夫と言う方も多くいることでしょう。

ジョギングの場合は、息切れをするのが嫌な人とかもいたり、人生というスパンから考えると、健康にはあまりオススメされないとされています。

しかし、ウォーキングの場合は、息切れもすることなく健康には良いと、運動が苦手な人にもこぞって紹介をされます。

そこで今回この記事では、健康法として注目されているウォーキングの紹介から、ワンポイントアドバイスを解説いたします。

ズボラな人でも効率よくウォーキングをする方法

ウォーキングの仕方によっては、効率がかなり変わってきます。

ウォーキングをあまり理解していない人は、「どうせ適当に歩いておけば良いんでしょう?」と言う意見がほとんどです。

確かに、「歩く」と言う点ではその通りです。

まず歩かないことには、ウォーキングとして成り立ちませんからね。

だけど「歩く」ことと「+アルファ」を意識することで、ウォーキングを効率的にすることができます。

  1. 最低でも30分、理想は60分ウォーキングをする
  2. 気持ち早歩きめにウォーキングをする

この2点になります。

最低でも30分、理想は60分ウォーキングをする

最低でも30分ウォーキングをする理由に、ダイエット効果が発揮されるのがだいたい20分後くらいからと言うデータがあるからです。

やらないよりやった方がいいのは確かなのですが、どうせやるなら効果が現れる30分ぐらいを目安にするといいでしょう。

もちろん、それ以降はやっただけ効果は現れるとされています。

ジョギングで30分は正直辛いと思いますが、ウォーキングではそんなに疲れはしないですよね。

なかなか持続しない人は、最初の10分からでもいいので、まずは継続する癖付けをするようにしましょう。

気持ち早歩きめにウォーキングをする

ジョギングのように、ガチで心拍数を上げるのはよろしくありませんが、ウォーキングにおいても多少心拍数はあげた方がいいです。

【スポンサーリンク】

そのために、普通に歩くのではなく「気持ち早めに」歩くようにすることで、普通に歩くよりも効果が出やすくなります。

正真正銘の早歩きでは、30分も一定の呼吸で歩くことができませんので、気持ち早めに歩く程度で大丈夫です。

イメージとしては、早めに歩いてても呼吸が乱れないくらいで十分です。

それを一定に保って歩くことで、普通にウォーキングをするよりも効果が高いので、是非とも取り入れて見てください。

効果倍増する理想的なウォーキングフォームとは?

先ほどのウォーキングのコツは、ペース配分だったり時間の話をしました。

次に話すのは、ウォーキング時のフォームで効果が変わる話です。

  • 背筋を伸ばして歩く
  • やや大股で歩く
  • 腕を振って歩く

以上の3点です。

何が重要なのかと言うと、歩いているの中で体に負荷をかけるように歩くことがコツになります。

例えば背筋を伸ばすと言うのは、普段使ってない筋肉をピントさせることで、それだけで筋肉を刺激します。

大股で歩くのも、腕を振って歩くのも、普段使っていない筋肉を使うことにより、消費カロリーを上げる狙いがあります。

これ以外にも、消費カロリーを上げるような無駄な動きを取り入れることで、ウォーキングの効率を高めることができます。

まとめ

ウォーキングはし続けないと効果は現れません。

ダイエット効果から、生活習慣病の予防、基礎代謝の向上まで様々な効果をもたらしてくれます。

そして現代人に一番必要な、運動不足解消もウォーキングだけで軽減することも可能です。

時間がない人は、通勤や通学の時間を使って、普通に歩くだけではなく、ウォーキングを意識して普段と違う歩き方をすることがオススメです。

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です