トレーニング前に飲むべし!と言われるBCAAって何?

【スポンサーリンク】


トレーニングの後にはプロテイン
と言いますよね。でも、トレーニング前に栄養を取っておくことも非常に大切です。よく知られているのは、エネルギー源となる炭水化物として、おにぎりやパン、バナナといったものを摂取すると良いということです。私も高校生の頃の部活前や趣味の筋トレ前に摂取していました。しかし、トレーニングの上級者になると、始める前にサプリメントを摂取する方もいます。その代表とも言って良いのがBCAAというサプリメントです。この記事では、BCAAとはどのようなサプリメントなのか、そして飲み方やオススメの商品を紹介します。

 

 

 

 

 

1 そもそもBCAAって何

必須アミノ酸という9種類のアミノ酸があります。これらは人間が生きていく上で摂取しなければならないものです。その中でも、バリン、ロイシン、イソロイシンと呼ばれる3つは、筋肉のエネルギー代謝や合成に深く関わっていると言われています。この3つをBCAA(Branched Chain Amino Acid  分岐鎖アミノ酸)と言っています。筋肉や血液中にあり、筋肉中のたんぱく質分解を抑えたり、筋肉の合成にも関わったりしています。本来、運動する時のエネルギーは体内の糖質や脂肪を使っていますが、足りなくなると筋肉を分解してBCAAからもエネルギーを生み出すことになります。その結果、筋肉の合成に使われなくなりトレーニングの効果が半減することになります。

 

2 BCAAを摂取したときの効果

トレーニング中に血液のBCAAが増えるため、筋肉の分解が抑えられ、トレーニングの効果が高まると考えられています。また、長時間運動する方(マラソン、トライアスロン等)の血液中のBCAAが低下すると、脳に疲労誘発物質(セロトニン)が増加することになります。これが原因で疲労を感じることがあるので、摂取しておくことで疲労対策にも効果が見られます。トレーニングで最後の一踏ん張り!と追い込むことにもつながります。また、おにぎりやパンなどを摂取するのと比較するとカロリーは全然違うので、減量をしている方でトレーニングを追い込むとする場合は、こちらを摂取する方が効率的だと思います。

【スポンサーリンク】

3 効果的な飲み方や摂取のタイミング

では、飲み方やタイミングについて紹介します。粉末状なので、水と一緒に、一度に5グラム程度摂取すれば十分だと思います。水に溶かして飲む方が多いですが、商品によっては溶けにくいものもありますし、私は面倒くさがりなので、口に5グラム入れてから水で流し込むという方法で行なっています。水ではなくジュースで摂取する方もいらっしゃるそうです。

飲むタイミングですが、運動を始める1時間前か遅くても30分前には摂取するようにしてください。摂取してから30分から1時間くらいで血液中のBCAA濃度が最大になります。そして2時間を過ぎると元に戻る事になります。もし長時間の運動をする方であれば、運動の最中にも摂取する事で常にBCAAが体内にある状態になります。試合などがある場合は、試合前やハーフタイム等に摂取する事で、時間いっぱいパフォーマンスを維持することができます。

 

4 オススメのBCAA商品

BCAAの商品は様々なメーカーから出ています。味がついているものもあるので自分の好みに合ったものを選ぶのが一番重要だと思います。たとえ成分が良くても味が合わないと続けようと思えなくなりますからね。オススメとして紹介するのは、私が摂取しているものですが、「ビーレジェンド」のBCAAで、「だってレモンだもん風味」です。おすすめポイントは、BCAAによくある苦味がかなり取り除かれていること、国産でありながら値段が100グラム当たり1000円程度と安価であり、飲みやすい味になっています。

 

5 まとめ

BCAAはサプリメントの名前として紹介されていますが、必須アミノ酸のことで体にとって必要な栄養素なのです。トレーニングや試合の最中に体がバテてしまうのを防ぎ、トレーニング効果を最大限にまで引き上げ、試合でのパフォーマンスを維持してくれる優れものです。今までのトレーニングで物足りないと感じてきた方は、BCAAを摂取してみるのはいかがでしょうか。

 

BCAAの飲み方  https://www.youtube.com/watch?v=0t7iCFcauW4

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です