大きな胸板を手に入れろ!バタフライマシンでの胸トレ!

【スポンサーリンク】

突然ですが、胸板の厚い男性のことをどう思いますか?様々な感想があるかとは思いますが、少なくとも胸板が厚いと男らしく頼もしい印象があるのではないかと思います。もちろん、見た目だけの話ではなく、胸の筋肉を鍛えることによって、ダイエット効果もあるのですよ。そして、胸の筋肉を鍛えるのに最適なトレーニングマシンもあります。ジムにも置いてあることが多いと思いますが、バタフライマシンと呼ばれるものです。今回は、バタフライマシンの使い方や効果、そして、胸の筋肉を鍛えることがどうしてダイエットに繋がるのかなどについてお話しします。

1 バタフライマシンとは

主に大胸筋を鍛えることができるマシンで、体に対し、肩を水平に前方へ動かしていく動作を行います。肩関節水平内転という動作になりますが、わかりやすい動作で言うと、肩からの腕全体を使った「いないいないばあ」のような動きです。(よりわかりにくくなったら、申し訳ありません。)高重量を使っても、マシンによって軌道が固定されているため、大胸筋にダイレクトに刺激を与えることができます。

2 マシンの使い方

マシンの使い方については、記事の最後に載せる動画でも紹介されていますが、順に説明させていただきます。①マシンに座り、ハンドルを握ります。この時に気をつけることとして、二の腕と床は平行になるようにしてください。②大胸筋を体の真ん中に乗せるようにし、息を吐きながらハンドルを前に押し出します。③中央にハンドルを寄せたら一旦止め、最初のポジションに戻します。①〜③の動作を繰り返し、だいたい8から10回できる重量で行います。トレーニングのポイントとしては、肩甲骨を寄せて胸を張ることです。肩が前に出ないようにしないと、大胸筋には刺激が入りません。また、肘の角度は固定します。肘の関節が動いてしまうと上腕二頭筋(二の腕の筋肉)が使われてしまいます。3つ目のポイントとして、ハンドル同士がぶつかるまで閉じるようにすることです。ぶつかる時に肩が前に出てきてしまうことがありますが、体の構造上仕方ないので、スタートに戻すときに肩甲骨をしっかり寄せてください。

【スポンサーリンク】

3 マシンの種類

バタフライマシンには、ハンドルタイプとパッドタイプがあります。マシンの使い方やトレーニング方法には大きな違いはありませんが、パッドの方がやや初心者向きと言われています。ハンドルタイプはハンドルを握ることで腕の筋肉が使われやすくなります。しかし、パッドタイプだとパッドを押すだけなので腕の筋肉があまり使われず、肘の角度も自然と保つことができます。

4 胸の筋肉を鍛えるメリット

筋肉が発達すると、より多くのエネルギーを必要とするので、基礎代謝が向上します。基礎代謝が向上することで、やせやすい体になっていきます。そして、これは筋肉の大きさによって異なります。筋肉が大きいとそれだけ多くのエネルギーを必要としますが、胸の筋肉は体の中でも大きな筋肉の一つです。脂肪燃焼をしたい方は、有酸素運動をする前に筋トレをするべきだと思います。また、大胸筋が大きくなるとウエストも細く感じるようになり、逆三角な体型を手に入れることができます。さらに、皮下脂肪が少ない部位なので、目に見えて成果が早いと感じます。初心者であれば真っ先に鍛えることで効果がすぐに現れます。たくましい大胸筋の男性は、女性からも一目置かれると思いますよ。女性であってもダイエットやバストアップ効果も期待できるので、バストを大きく見せられます。

5 まとめ

バタフライマシンはジムにもよく置かれていますが、使い方が上手く理解されていない場合もあります。腕の筋肉で押してしまいがちですが、狙いは胸の筋肉であることを念頭に置き、軽い重量から初めて刺激が入っているかを確認しながら行っていってください。憧れの胸板を手に入れる日は近いかもしれません。

バタフライマシンの動画 https://www.youtube.com/watch?v=zwY0x6YJmYc

【スポンサーリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です